保存料が含まれていないカナガンキャットフードなら安心です

これまで市販されているキャットフードに人工保存料などの添加物が含まれていることをずっと気にしていました。

 

市販されているキャットフードのほとんどには、人工保存料や添加物が含まれているので、なるべくこうしたものは食べさせたくないと思っていました。

 

ちょっと値段が高くてもいいので、添加物不使用のキャットフードがないかなとネットで調べていたら、カナガンキャットフードにたどり着くことができました。

 

 

何故、私が、これほど添加物不使用のキャットフードにこだわっているのかというと、実は独身の頃、ペットショップで購入したばかりの猫が僅か二か月ほどで死んでしまった経験があったからです。

 

動物病院で一応診てもらったのですが、原因が不明だということでした。

 

ただ市販されているキャットフードを与えていたのですが、友人がある時、市販されているキャットフードは特に値段が安いものだと、

肝臓に影響を与えるブチルヒドロキシアニソールや発癌性のあるブチヒドロキシトルエンや毒性のある酸化防止剤などが使用されているので、

もしかするとそうした添加物が原因かもしれないというのです。

 

 

人間には害があるため使用することが出来ない添加物も、キャットフードなら使用出来るという事実を知り、私はその時ショックを受けました。

 

そのため、今度、猫を飼うのなら、猫に出来るだけ安全なキャットフードを与えたいと強く思っていたのです。

 

カナガンキャットフードには、他のキャットフードに比べると少々値段が高いのですが、

 

添加物がまったく含まれていないため、安心して餌をあげることが出来ます。

 

また原材料には、人間でも食べられるほど、品質のよい新鮮なものが使用されているので、さらに安心出来るのではないでしょうか。

 

あらたに飼い始めた子猫は、カナガンキャットフードを喜んで食べてくれます。

 

栄養バランスが整ったキャットフードなので、健康管理もカナガンキャットフードだけでいいというのが手間いらずで本当に良いキャットフードだと思っています。